スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テフロン加工のフライパン

テフロン加工のフライパン
  
  料理の時、具材がこびりつかないフッ素加工のフライパンってとっても便利ですよね。

  「フッ素加工」はものがこびりつかない、滑り性があり便利ですが、耐熱温度は約260℃、それ以上となるとフッ素樹脂の性能がなくなります。

 よく、油を入れたフライパンをかけておくと、黒い煙が立ち昇ってきます。これは、もう鍋の温度が250℃になってます。あら~あ、また空焼きやっちゃったわ。


 テフロンの鍋の予熱時間の目安
   ガスコンロ・・・1~2分     IHクッキングヒーター・・・鍋により差はありますが、数秒単位


 お手入れ
    中性洗剤と柔らかいスポンジで汚れは充分落とせます。金属性の研磨剤入りたわし、洗剤は使わない方が利口です

 テフロンコーティングの種類  *テフロンとは米国デュポン社のフッ素加工につけられた商品名です
  ベーシック[100]テフロンブランドのスタンダード
  セレクト[200] 納得の品質
  プレミアム[300]ひとつ上の耐久性
  プラチナ[500]卓越した耐久性
  プラチナプロ[600]テフロンブランドの最高峰


 


 


 


 


 


 

スポンサーサイト

IHで炊きたてご飯!

IHで炊きたてご飯!
060903_1734~0001.jpg IH専用の炊飯鍋(フジノス製)
最近のIHには、炊飯機能がついてるものもあって、火力を自動で調節して、鍋でご飯が炊けるそうです。
最近、友人の家では、IH専用の炊飯鍋を買って炊きたてご飯を食べていると耳にしたので、早速興味津々で見せてもらいました。
IHの上にはひのきの蓋がついた鍋釜が置いてありました。炊飯の火力を自動加減してくれる炊飯自動機能を使うと約40分、急ぐ時は自分で火加減し、タイマー機能を使って約20分で炊きたてご飯の出来上がりです。
蓋をあけたら、ひのきの香りがプーンとして、ほかほかご飯が出来てました。
なんか~高級料理屋さんで食べるご飯みたい・・・幸せ~な気分でした。


 


 


 


 




 

圧力鍋の使い方

圧力鍋・・・使いこなせば、メリットがいっぱい!
 スピーディーに調理する圧力鍋は、まさにキッチンの万能選手。その仕組みは鍋本体と蓋を密封状態にして加熱することで、鍋内部に圧力をかけ温度を上昇させて調理するというものです。
普通の鍋ではどれだけ火力を強くしても、水を100℃以上にあげることはできませんが、圧力鍋なら普通の鍋では決して得られない高温での調理が可能です。
沸騰した後は、中火~弱火で調理でき普通の鍋の調理時間の1/3で済み、大変経済的。
IHのタイマー機能(これまたチョー便利、5分でも1時間でも、自分で合わせると自動で止まってくれるの)を使うと、煮過ぎもなくて、経済的でーす


 ◇調理時間が早く、とっても経済的
 ご飯(ふつう約50分)→強火、沸騰後弱火で約10分、火を止め15分蒸らす(圧力鍋約30分


 茶碗蒸し(ふつう約20分)→強火、沸騰後弱火で約2分、火を止め5分(圧力鍋約12分


 ◇大切な栄養や風味を守ります
  蒸気で短時間で調理するため、ビタミン、ミネラルなどを逃がさず、素材の栄養や風味をたっぷり含んだ料理ができます


 ◇魚の骨まで柔らかく調理
  スジ肉はもちろん魚の中骨も柔らかくなりますので、カルシウム不足の気になる方にはお奨めですよ


 


 


 

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。